メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

タクト振り半世紀 師の教え、次代へと継ぐ 後進育成、学生オケで指揮

「オーケストラと指揮者は一つの大きな家族。人間関係が一番大事です」と話す秋山和慶=大阪府豊中市で、久保玲撮影

 楽壇デビューから50年余り。指揮者の秋山和慶は国内外のオーケストラを振る傍ら、若手奏者の育成に情熱を傾けてきた。「彼らの音色がどんどん変わっていくのを見るのが楽しい」と穏やかな笑みを浮かべる。

 今月中旬も、京都で秋に開かれる「関西の音楽大学オーケストラ・フェスティバル」のオーディション審査をした。「『音楽は自由だから勝手に弾いていい』と言う人がいるけど、自由な表現をするために基礎的な訓練が必要なのは世界共通。学生の時からきちんとした奏法を仕込んでおきたい」と厳しい口調で話す。

 秋山が指揮者を志したのも中学2年の時、桐朋学園オーケストラの演奏がきっかけだった。故・斎藤秀雄と当…

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  4. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  5. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです