メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フリードリヒの名演出 本質に迫る説得力 新国立劇場「ジークフリート」

ステファン・グールド(ジークフリート)

【新国立劇場 ワーグナー:「ニーベルングの指環」第2夜 楽劇「ジークフリート」(全3幕 ドイツ語上演日本語字幕付き)】

 新国立劇場で2015年10月にスタートしたワーグナーの「ニーベルングの指環(リング)」のツィクルス上演。その第3弾となる楽劇「ジークフリート」の公演が6月1日から始まる。このツィクルスは20世紀後半のドイツで活躍した名演出家ゲッツ・フリードリヒ(1930~2000年)が最後に手掛けたフィンランド国立歌劇場における「リング」のプロダクション(1996~99年)をベースに製作されているもの。「ラインの黄金」では〝時の経過〟を多少感じさせられる面も否めなかったが、やはり名演出フリードリヒの手腕は並大抵なものではなく、前作の「ワルキューレ」からは作品の本質に迫る説得力が増してきた、と筆者は受け止めている。

アンドレアス・コンラッド(ミーメ)

 今ツィクルスを通して同劇場オペラ芸術監督の飯守泰次郎が自ら指揮を担当。今回、題名役にはワーグナー作品上演の総本山、バイロイト音楽祭でもこの役を何度も歌っているステファン・グールドを起用。さらにアンドレアス・コンラッド(ミーメ)、グリア・グリムスレイ(さすらい人)、トーマス・ガゼリ(アルベリヒ)、クリスタ・マイヤー(エルダ)、リカルダ・メルベート(ブリュンヒルデ)といずれもバイロイトをはじめとする世界の名門歌劇場で活躍するワーグナー歌手をズラリそろえた豪華キャストが目を引く。この顔ぶれを見ただけでも高水準のステージが期待される。オーケストラ・ピットには東京交響楽団が入る。

グリア・グリムスレイ(さすらい人)

 「リング」第2夜、楽劇「ジークフリート」は前作「ワルキューレ」でヴェルズング族の双子の兄妹、ジークムントとジークリンデの間に授かった命が両親の死後、ニーベルング族のミーメによって育てられ、恐れを知らぬ少年ジークフリートに成長。少年から青年へと成熟する過渡期にあるジークフリートは、森の熊をも自在に操れるほどの怪力と勇猛果敢さを持ち合わせてはいるものの、精神的にはまだ子供の状態。無鉄砲で暴れん坊の少年がさまざまな試練を乗り越えながら、小鳥の導きで神々の長ヴォータンによって眠らされたブリュンヒルデと出会い、青年としての、そして大人の男性としての自我を芽生えさせ、恐れを知っていくという成長物語である。ジークフリートはヴォータンの孫にあたるわけで、祖父の計画通り無敵の魔力が込められた剣ノートゥングを鍛え直し、世界を支配する力を持つラインの黄金で作られた指環を大蛇に変身した巨人族のファフナーから見事奪還してみせるのである。ワーグナーの舞台作品の中でストーリー、音楽の両面において唯一といってもいいほどの前向きな推進力に満ちあふれた楽劇ということができる。

トーマス・ガゼリ(アルベリヒ)

 「ジークフリート」の音楽面での最大の特徴は当初、1856年から翌年にかけて作曲が行われたものの、4部作を通しての上演のめどがまったく立たなかったことや経済的な困窮などから第2幕第2場までで、いったん筆をおいてしまったことである。中断は実に12年間にも及び、ワーグナーはその間に「トリスタンとイゾルデ」と「ニュルンベルクのマイスタージンガー」を完成させている。「トリスタン」における半音階進行をはじめとする作曲技法における新たな"引き出し"を複数掌中にしたワーグナーは、まさに円熟した手腕を存分に発揮して「ジークフリート」最終盤の音楽を書き上げた。音楽面の充実は劇中におけるジークフリートの成長ぶりと歩みを合わせているかのようで、劇的効果を一層高めることにつながっている。

(宮嶋 極) 

作品データ

作曲:1856~57年、69~71年

台本:1851年、作曲家自身の手によるドイツ語のオリジナル台本

初演:1876年8月16日、バイロイト祝祭劇場(指揮:ハンス・リヒター)

設定:神話時代。森の中の洞窟(第1幕)/森の奥(第2幕)/荒涼とした岩山の麓(ふもと)と岩山の頂上(第3幕)

リカルダ・メルベート(ブリュンヒルデ)

登場人物

ジークフリート:ジークムントとジークリンデの息子。恐れを知らない無敵の勇者。

ミーメ:地底に住むニーベルング族でアルベリヒの弟。ジークフリートを育て、彼の力を利用して指環の奪取をひそかに画策している。

さすらい人:神々の長、ヴォータン。この作品では"実名"での登場はない。

アルベリヒ:ニーベルング族。世界を支配する魔力を秘めた指環をライン川の底に眠っていた黄金で作るも、ヴォータンとローゲの悪計にはまって奪われる。指環の持ち主に死をもたらす呪いをかけた。

ファフナー:巨人族でファーゾルトの弟。兄ファーゾルトと指環を奪い合い、殺害後、森の洞窟内で"隠れ頭巾"を使って大蛇に姿を変えて指環や宝を守っている。

ブリュンヒルデ:ヴォータンと智の女神エルダとの間に生まれた娘。前作では父の命に背いたため神性を剝奪され岩山の山頂に眠らされた。炎に包まれたこの岩山は真の勇者だけが登り頂に到達することができる。

エルダ:智の女神。ヴォータンとの間にブリュンヒルデら9人の娘(ワルキューレ)を誕生させた。ヴォータンに危機が迫っていることを警告する。

森の鳥:何も知らないジークフリートにさまざまな情報を与えて導く。

公演データ

飯守泰次郎(指揮)

【新国立劇場 ワーグナー:「ニーベルングの指環」第2夜 楽劇「ジークフリート」(全3幕 ドイツ語上演日本語字幕付き)】

6月1日(木)16:00 /4日(日)14:00 /7日(水)14:00 /10日(土)14:00 /14日(水)16:00 /17日(土)14:00 新国立劇場オペラパレス

指揮:飯守 泰次郎

演出:ゲッツ・フリードリヒ

美術・衣装:ゴットフリート・ピルツ

照明:キモン・ルスケラ

ジークフリート:ステファン・グールド

ミーメ:アンドレアス・コンラッド

さすらい人:グリア・グリムスレイ

アルベリヒ:トーマス・ガゼリ

ファフナー:クリスティアン・ヒューブナー

エルダ:クリスタ・マイヤー

ブリュンヒルデ:リカルダ・メルベート

森の小鳥:鵜木絵里、九嶋香奈枝、安井陽子、吉原圭子

管弦楽:東京交響楽団

筆者プロフィル

 宮嶋 極(みやじま きわみ)スポーツニッポン新聞社勤務の傍ら音楽ジャーナリストとして活動。スポニチ紙面、ウェブにおける取材・執筆に加えて音楽専門誌での連載や公演プログラムへの寄稿、音楽専門チャンネルでの解説等も行っている。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS マツコ、夢かなって力士姿に大変身 有吉「本物だよ!」と絶賛
  2. 後藤久美子 娘・エレナがデビュー 雑誌で美しすぎる母娘2ショットを披露
  3. 岐阜市 給食指導で児童5人が嘔吐 教諭を厳重注意
  4. 世界の雑記帳 金正恩氏の声明、古語の意味分からずSNSにぎわう
  5. 架空請求 1万件超 「未払いあり、提訴」のはがき急増

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]