メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときにはぶらりと音楽を

ヴァイオリンはお金が掛かる?

イタリアの名器「ガリアーノ」=サントリー芸術財団提供

 先にも書いたが、筆者はヴァイオリンを嗜(たしな)む。楽器を始めてウン十年はたっており、初級者よりは少しは弾けるので、嗜むと言って良いくらいのレベルではあろう。楽器を手にした頃は全く弾けなかった。当たり前である。レッスンに通い、楽器を買い替え、弾きたい曲の楽譜を購入し、勉学を放り投げて練習し……そこでふと思った。楽器を始めてそこそこ演奏できるまで、どの程度の金額が掛かるものなのか?

 お金の話を公の場でするのはあまり品の良いことではない。そのため、この手の情報はあまり耳にしない。しかし、音楽についてかれこれ書き綴(つづ)れる機会をいただいているのであるから、多少品が無くともよろしかろう。ということで、本稿ではそのことについて考えてみる。とはいえ、弦楽器と管楽器、ピアノではかなり事情が異なり、また、筆者は管楽器やピアノについては気合を入れて練習したことがないので、ここではヴァイ…

この記事は有料記事です。

残り2420文字(全文2813文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです