メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

必聴!

両腕のないホルン奏者が東響と共演

写真提供=東京交響楽団

[PR]

 生まれつき両腕がないという障害を抱えながら、それを見事に乗り越えて高い技術と豊かな音楽性で世界的な注目を集めるドイツの若手ホルン奏者、フェリックス・クリーザーが初来日。24日にミューザ川崎シンフォニーホールで行われる秋山和慶指揮、東京交響楽団の定期演奏会に出演してモーツァルトのホルン協奏曲第2番、ハイドンのホルン協奏曲を披露する。

 クリーザーは4歳でホルンを始め、17歳でハノーバー芸術大に入学するなどその才能を早くから開花させ、2013年には「夢想」と題したアルバムをリリース。楽器を支える特殊な器具を使い、足でバルブを操作しながら安定したテクニックと透明感あふれる美しい音色、豊かな音楽性で一気に世界的な注目を集めるホルン奏者となった。昨年はシュレスヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭に招かれ、優秀な若手音楽家に贈られるレナード・バーンスタイン賞を授与された。

 今回の初来日では、東響定期演奏会のほかに20日には東京都武蔵野市の武蔵野市民文化会館小ホールでリサイタルが予定されている(チケットは完売)。東響とは初めての共演となるが、どのような演奏を聴かせてくれるのか注目される。

東京交響楽団ホームページ http://tokyosymphony.jp/pc/concerts/list

クリーザー 個人サイト  http://www.felixklieser.de/

公演データ

【東京交響楽団第651回定期演奏会】

6月24日(土)18:00 ミューザ川崎シンフォニーホール

指揮:秋山 和慶

ホルン:フェリックス・クリーザー

 

ウェーバー:歌劇「オベロン」序曲

J.ハイドン(偽作):ホルン協奏曲第2番ニ長調 Hob.VIId:4

モーツァルト:ホルン協奏曲第2番変ホ長調 K.417

ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです