メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

新国立劇場《ジークフリート》 好布陣の歌い手=評・礒山雅

 新国立劇場で進行中のワーグナーの楽劇《ニーベルングの指環》が、第3作の《ジークフリート》に達した(1日所見)。演出は、ゲッツ・フリードリヒが晩年にフィンランド国立歌劇場で制作したものに基づく。故人ならではの強力な統率は求めるべくもないが、森のメルヒェンの雰囲気が装置と照明によって効果的に作り出され(特に第2幕)、音楽へとわかりやすく導いてくれたのはいい。

 作品への慈しみをこめて指揮する飯守泰次郎に、東京交響楽団が寄り添って好演した。第1幕、第2幕では、…

この記事は有料記事です。

残り582文字(全文811文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです