メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチのイチ推し

昨年12月に日本初演を果たしたオペラ「鑑真東渡」早くも凱旋公演が決定!

【フューチャー・ピーアール・アンド・メディア 永田全宏氏】

 2016年12月に東京で初演された中国発のオペラ作品「鑑真東渡」が、早くも7月5日(水)、6日(木)Bunkamuraオーチャードホール(東京)、11日(火)、12日(水)オリックス劇場(大阪)にて、凱旋(がいせん)となる再演が決定した。

 オペラ「鑑真東渡」は、日本でもなじみの深い鑑真和上の生涯を描いた作品。中国・江蘇省演芸集団有限公司(董事長・鄭沢雲)が作り上げた新作オペラで、日中友好の原点とも言える鑑真和上の精神を伝えようと構想4年をかけて完成した作品。中国ならではの至高の音楽、芸術の粋を集めた本公演は、日本の各界からも、その完成度の高さに称賛の声が寄せられ、日本初演時には、約7000人の観客の皆さまにご覧いただき、中国オペラのレベルの高さを伝えることとなりました。

 その後、今年2月には北京公演を行い、中国政府要人からも高い評価を得ました。これにより日中国交正常化45周年記念事業として、中国政府が再び日本公演へと送り出すことを決定し、今回の凱旋公演が実現しました。

 メインとなる鑑真役には、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場で1991年にデビューを果たし、以来世界のオペラハウスで活躍する中国人バス歌手の田浩江が、再び務めます(一部公演で、ダブルキャストとなります)。そして、中国国内でも屈指の演芸集団で、中国戯劇界で最も栄誉ある「戯劇梅花賞」の受賞者17人を擁する「江蘇省演芸集団有限公司」が物語の配役で脇を固めます。作曲は、これまでに「運之河」など数々の中国オペラ作品を手がけ、第2回中国オペラ祭で7部門での大賞を受賞した唐建平が務め、心に刻み込む音楽で作品に深みを与えてくれます。演出面では、邢時苗監督により、鑑真和上の精神性を最新技術を駆使し、シンプルながら奥深い演出で観客を舞台へと引き込みます。また、日本からは箏(そう)奏者の松村エリナが、劇中において日本人である栄叡の心象風景を琴で表現し、作品に彩りを加えます。

 日本でもおなじみの鑑真和上の生涯を、卓越した精神性と至高の芸術を極めた中国オペラで、この機会にご覧ください。

公演データ

【唐建平:オペラ「鑑真東渡」】

作曲:唐建平

脚本:馮柏銘 馮必烈

監督:邢時苗

出演:田浩江(鑑真)Bar./薛皓垠(栄叡)C-ten. /柯緑娃(静海)Sop. /劉雨東(静空)Ten. /殷桂蘭(馮夫人)Sop.

指揮:程 曄

管弦楽:江蘇省演芸集団交響楽団

独奏:松村エリナ(箏) ほか

合唱・演舞:江蘇省演芸集団歌劇舞劇院

プロデューサー:周琪 徐耀新 鄭沢雲

芸術監督:徐宁 高云 柯軍

*都合により、出演者・演奏者が変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

 

<東京公演> 原語上演、日本語字幕付き

開催日:7月5日(水)開場18:30 開演19:00

7月6日(木)開場18:30 開演19:00

会場:Bunkamuraオーチャードホール(東京都渋谷区道玄坂2の24の1)

料金:S席1万2000円、A席1万円、B席8000円、C席6000円*未就学児童入場不可

<大阪公演> 原語上演、日本語字幕付き

開催日:7月11日(火)開場18:30 開演19:00

7月12日(水)開場18:30 開演19:00

会場:オリックス劇場(大阪市西区新町1の14の15)

料金:S席1万2000円、A席1万円、B席8000円、C席6000円*未就学児童入場不可

上演時間:第1幕60分 休憩15分 第2幕90分

 

公演に関するお問い合わせ:毎日新聞旅行「まいたびコールセンター」

     電話03・6265・6968(平日9:30〜17:30)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 黒部ダムカレー 愛され10年 年間5.7万食売り上げ
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クックパッドニュース [作ってみた]話題の「ダムカレー」は〇〇を使えば簡単にできた!!
  4. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  5. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです