メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

チェンバロ・濱田あや バロックへ時間旅行を 大阪

チェンバロ奏者の濱田あや=大阪市北区で、田中博子撮影

 兵庫県芦屋市出身で、米国を拠点にするチェンバロ奏者の濱田あやが8日、あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホール(大阪市北区)でリサイタル「イマジナリー・シアター~チェンバロ劇場」を開く。

 公演名には、チェンバロが演奏されていたバロック時代にタイムスリップして、「イマジナリー・シアター(仮想の劇場)」を楽しんでもらいたいという思いを込めた。濱田は「ピアノとの音色の違いや、バッハやヘンデルがどんな音を奏でていたかを味わってほしい」と話す。

 曲目はロワイエの「スキタイ人の行進」など技巧的な曲から、叙情的な作品までさまざま。バッハの「無伴奏バイオリンのためのパルティータ第2番」より「シャコンヌ」(スキップ・センペ編)は、仏在住のチェンバロ奏者、センペの即興演奏の録音を聞いた濱田が、楽譜が存在しなかったため本人に確認しながら半年がかりで採譜したという。

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 「次期総裁は岸田氏か石破氏」 小泉純一郎元首相と山崎拓氏が一致

  5. 靖国参拝の小泉進次郎氏「大臣になってもちゅうちょなかった」 4閣僚が参拝

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです