メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

松村エリナさん=オペラ「鑑真東渡」に出演する箏奏者

 弦を「ピーン」とはじいた後、弦を押さえる指の力の強弱を変えると、響き渡る音が変わった。「変化する独特の余韻が箏(そう)の楽しさ。弾いていてもきりがない。どこにたどり着くんだろうって」。幼い頃から箏を始め、箏奏者の沢井忠夫(故人)らに師事。和装のほか洋装でもコンサートやイベントの舞台に立つほか、テレビCMの音楽も手がけるなど、多方面で伝統楽器の魅力を伝える。

 唐代の僧で、失明しながらも日本に渡り戒律を伝えた鑑真(688~763年)の生涯を描いた中国のオペラ「鑑真東渡(とうと)」が今月、東京と大阪で上演される。昨年12月の日本初演に続き、日本人唯一の出演者。鑑真の来日に尽力したが、志半ばで死去した日本の遣唐僧、栄叡(ようえい)の心象を、箏の音色で表現する。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN所属事務所、直井由文の不倫報道を謝罪「本人も心から反省」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです