メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OTTAVA Verde

ほとばしる激情~五十嵐薫子さん「オール・ショパン・プログラム」

「一音一音、魂を込めて」ショパンの激情をほとばしらせた五十嵐薫子さん=アーク紀尾井町サロンホールで2017年6月29日、福田光朝撮影

 世界へ羽ばたく若き音楽家を応援する「アーク紀尾井町サロンホール」(東京都千代田区)のプロジェクト「OTTAVA Verde(オッターヴァ・ヴェルデ)」(アーク証券主催)。第3回コンサート「オール・ショパン・プログラム」が6月29日、同ホールで開かれ、桐朋学園大学大学院ピアノコース1年の五十嵐薫子さん(22)が「英雄ポロネーズ」、ピアノソナタ第3番など10曲を演奏した。五十嵐さんにとって、ショパンはモーツァルトと並んで一生取り組みたいという作曲家。「一音一音、魂を込めて」ショパンの激情をほとばしらせた。

 6歳からピアノを始めた五十嵐さん。小さいころは「高音部のキラキラした音色をほめられて、モーツァルト…

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1253文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです