メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

日本音楽コンクール 1位に名器貸与 ITOH財団、バイオリン部門に

前回ピアノ部門1位の樋口一朗さん=東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールで、丸山博撮影

 日本のクラシック音楽界の未来を形作る第86回日本音楽コンクールの応募受け付けが始まった。このところ、以前にも増して日本音楽コンクールの入選・入賞者が国内外で大活躍し、また海外の大コンクールも制していることから、一段とこのコンクールへの注目度が高まっている。

 第86回は演奏部門がチェロ、ピアノ、バイオリン、声楽、ホルン(予選開始順)で行われ、作曲部門は室内楽が課題の年に当たる。改変点など注目されるところを見ていこう。

 チェロ部門は3年に1度の開催。現在、日本の若手チェロ奏者は「第2次黄金時代」と呼ばれるほど逸材がひしめいているため、今回も、かなりのハイレベルになると予想される。“黄金時代”の一人、第80回で1位になった岡本侑也さんが、エリザベート王妃国際音楽コンクールに今年新たに加わったチェロ部門で2位になり、一層、日本の若手チェロ界が活気づいている。

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1548文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 都内の40代男性会社員、新型肺炎重症化 発熱後の2月10日に新幹線で愛知県に出張

  5. 飼い主を待つ柴犬、買い物客に人気 写真撮影にもおとなしく

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです