メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

オペラ《ノルマ》 デヴィーアの存在感=評・梅津時比古

 ベッリーニのオペラ《ノルマ》の上演には二重に鍵が掛かっている。歌手に求める技量が至難であること、そしてストーリーの展開を現代の聴衆に納得させる難しさである。

 藤原歌劇団などによる共同制作として上演された《ノルマ》は、タイトルロールを頂点にした総合力で、改めて作品の魅力を伝えた(1日、日生劇場)。

 《ノルマ》の役柄を神秘的に高めたのは、この公演のために招かれたソプラノのマリエッラ・デヴィーア。第1幕冒頭の歌いだしこそ、全盛期を過ぎた身体的要素~高音のわずかな不安定、声量の物足りなさなど~に一抹の不安を抱かせたが、そこは屈指のベテランだけに、ランツィロッタ指揮の東フィル、粟国淳の演出、客席との距離感等、舞台空間の諸条件をたちどころに把握したのだろ…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文817文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです