メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・ベッリーニ大劇場来日公演の「ノルマ」=大津・びわ湖ホールで2003年6月21日

江川紹子

 オペラの登場人物の中で、最も心引かれる役柄は何ですか?

 そう問われたら、私自身はヴェルディ「アイーダ」のアムネリスと並んで、ベッリーニの「ノルマ」の主人公を挙げたい。

 作品の音楽が素晴らしいのはもちろん、幾重にも重なる迷いや悩みの中で懸命に生き、そして死を選び取っていくノルマの姿には、実に心引きつけられるものがある。

 裏切った恋人への愛憎、子への愛情、父への敬慕、にわかに恋敵となった巫女(みこ)への友情や同情に交じ…

この記事は有料記事です。

残り4490文字(全文4705文字)

江川紹子

えがわ・しょうこ 神奈川新聞社会部記者を経てフリーライターに転身。その後、オウム真理教による一連の凶悪事件などの取材・報道を通じて社会派ジャーナリストとして注目を集める。新聞、週刊誌の連載やテレビの報道・情報番組のコメンテーターとして活躍。近年、クラシック音楽やオペラの取材、アーティストのインタビューなどにも取り組んでいる。Twitter:@amneris84 ‏

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  4. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです