メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

テノールの声はどこまで「発展」するのか~グレゴリー・クンデの「アンドレア・シェニエ」を見て

第1幕のマッダレーナ(マリア・ホセ・シーリ)とシェニエ(クンデ)(C)Yasuko Kageyama-Opera Roma2016-17

香原斗志

 アメリカ生まれのテノール、グレゴリー・クンデ(1954~)の声が日本のオペラファンに強い印象を与えたのは、2008年11月に行われたペーザロのロッシーニ・オペラ・フェスティヴァル(ROF)の日本公演で、ロッシーニ「オテッロ」のタイトルロールを歌ったとき、それから2013年4月、ヴェネツィアのフェニーチェ劇場の日本公演で、今度はヴェルディ「オテッロ」のタイトルロールを歌ったときだろう。ともにドラマティックな表現のなかにオテッロの苦悩を浮かびあがらせた秀逸な歌唱だったが、役名は一緒でも、ロッシーニとヴェルディとでは求められる声も表現もまるで異なる。

 ロッシーニのそれにはアジリタも頻出し、装飾歌唱を前提にしたベルカントの高度な歌唱技巧が要求され、そ…

この記事は有料記事です。

残り5367文字(全文5699文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです