メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

ついに日本から現れた世界レベルのメゾソプラノ・脇園彩~~ペーザロの「試金石」とインタビュー

「試金石」でクラリーチェを演じた脇園彩(C)Rossini Opera Festival

香原斗志

 日本には少なからぬオペラ歌手がいる。それは二期会と藤原歌劇団に所属する歌手の総数が二千数百人におよぶことからも明らかだが、それにしては世界レベルで活躍する日本人歌手は少ない。韓国や中国の歌手は近年、欧米での活躍が目立つのにくらべても寂しい状況だ。そんななか、一頭地を抜く存在として注目を集めているのがメゾソプラノの脇園彩(29)である。今年4月、川崎・新百合ヶ丘のテアトロ・ジーリオ・ショウワで上演された藤原歌劇団公演「セビリャの理髪師」に客演し、ヒロインのロジーナを歌ったので、聴いた人もいるだろう。

 彼女が傑出しているのはイタリアでの活躍である。直近だけを見ても、2016年は1月から2月にヴェロー…

この記事は有料記事です。

残り5253文字(全文5560文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです