メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

音楽と演劇、世界観を体感 9月16日、ロマン派症候群 /滋賀

 9月16日に上演する「ロマン派症候群」は、作曲家・ショパン(1810~49)とブラームス(1833~97)にスポットをあてた朗読劇です。2人は19~20世紀初頭の個人の感情を重視する「ロマン派」時代の作曲家ですが、お互いに接点はありませんでした。

 この物語は、実際には出会うことのなかった2人の大作曲家が病院の一室で「患者」として出会うことから始まります。作・演出は関西を拠点に全国で活躍する内藤裕敬(南河内万歳一座座長)が務め、葛藤や喜びに満ちたショパンとブラームスの複雑な内面を女優・松永玲子(劇団ナイロン100℃)と関西屈指の実力派俳優…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文681文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです