メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

メシアン歌劇、全曲日本初演 演奏史に残る大作に挑む 11月23日 /滋賀

 各地で日々数多くの演奏会が行われていますが、日本ではまだ日の目を見ない傑作も少なくありません。20世紀を代表する作曲家オリヴィエ・メシアンのオペラ「アッシジの聖フランチェスコ」もそのひとつ。

 この作品はメシアンが作曲した唯一のオペラで、聖フランチェスコの奇跡を描いた大作です。中世イタリアのアッシジで実在した修道士フランチェスコが信仰に専心後、奇跡を体験して聖痕(キリストが磔刑で受けた傷と同じ印)を得て死ぬまでの半生を、特大編成のオーケストラで壮麗に描いています。

 演奏時間はなんと4時間半にも及び、美しく感動的な音楽でありながらその規模ゆえに日本での全曲演奏はこ…

この記事は有料記事です。

残り554文字(全文838文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  3. 金哲彦のレース展望・解説 “MVP”前田穂南は五輪メダル級の力 男子「4強」は冷静さ欠く

  4. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  5. 北村地方創生相 ダム建設「誰かが犠牲に、という積極的なボランティア精神で」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです