メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オーケストラのススメ

~12~ アメリカのオーケストラを聴こう!~今季来日予定の楽団を中心に

ボストン交響楽団を指揮する小澤征爾(左端)=東京文化会館で1986年2月13日

山田治生

 今、日本のクラシック音楽ファンの間で、アメリカのオーケストラは昔ほど知られていないかもしれない。かつては、ニューヨーク・フィル、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、フィラデルフィア管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団が「ビッグ5」と呼ばれ、例えば、バーンスタイン&ニューヨーク・フィルが、小澤征爾&ボストン響が、ショルティ&シカゴ響が、ムーティ&フィラデルフィア管が、ドホナーニ&クリーヴランド管が、毎月のように、メジャーレーベルから新譜をリリースしていた。だから、レコードやCDを買ったり、音楽雑誌を読んだりしていれば、彼らの直近の活動を知ることができた。

 今は、インターネットで情報化され、各オーケストラに公式ホームページがあり、インターネットラジオ(W…

この記事は有料記事です。

残り3775文字(全文4107文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  3. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです