メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

パーヴォ・ヤルヴィ指揮N響 第一級の力量=評・大木正純

 パーヴォ・ヤルヴィがNHK交響楽団の首席指揮者に就任したのはまだほんの2年前のこと。だがここまで、海外公演やレコーディングも含めて、何とめざましい成果を重ねてきたことだろう。かくして聴衆の期待はいよいよ高まる。折りしも3年目のシーズンがショスタコーヴィチの交響曲第7番、通称「レニングラード」で開幕。交響曲1曲に絞った潔いプログラムだ(17日、NHKホール)。

 それにしてもこのコンビは目下、みるからに絶好調。指揮者のセンスと音楽性、オーケストラの技術、さらに両者の意思の疎通が相まって、ほとんど非の打ち所のない演奏水準を達成している。第1楽章の中間部、直線的に進行する“戦争の主題”を、ラヴェルの「ボレロ」なみに格好良く聴かせてしまう見事な手並み。あるいは第3楽章の劇的な頂点において、タクトにきびきびと反応する楽器群の呼吸の鮮やかさ! 技だけではない。聴き…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです