メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立劇場 ワーグナー「ニーベルングの指環」第3夜 楽劇「神々の黄昏」

フィンランド国立歌劇場公演「神々の黄昏」より=写真提供:新国立劇場(C)Stefan Bremer

【新国立劇場 ワーグナー:「ニーベルングの指環」第3夜 楽劇「神々の黄昏」新制作上演】

新国立劇場「神々の黄昏」のステージについて

 新国立劇場で2015年10月にスタートしたワーグナーの「ニーベルングの指環(リング)」のツィクルス上演。その第4弾となる楽劇「神々の黄昏」の公演が10月1日から6回にわたって行われる。

 このツィクルスは20世紀後半にドイツで活躍した名演出家ゲッツ・フリードリヒ(1930~2000年)が最後に手掛けたフィンランド国立歌劇場における「リング」のプロダクション(1996~99年)をベースに制作されているもの。今ツィクルスを通して同劇場オペラ芸術監督の飯守泰次郎が自ら指揮を担当し毎回、ドラマの展開に密接に寄り添った音楽作りで高い評価を得ている。

「ジークフリート」で題名役を好演したステファン・グールド=撮影:寺司正彦/提供:新国立劇場

 その最終章となる今回、ジークフリート役にはワーグナー作品上演の総本山、バイロイト音楽祭でこの役を何度も歌っているステファン・グールドを、相手役のブリュンヒルデには同じく同音楽祭の常連、ペトラ・ラングを起用。このコンビ、今年のバイロイトでは「トリスタンとイゾルデ」でそれぞれ題名役を演じて息の合った歌唱と演技で大好評を博したばかり。また、裏の主役とも位置付けられるハーゲンにはやはりバイロイトやベルリン・ドイツ・オペラなどで、同役を演じているアルベルト・ペーゼンドルファーら世界の第一線で活躍中のワーグナー歌手が集結。さらにヴァルトラウテ役として現代のワーグナー歌いの代表格のひとりである名メゾ・ソプラノ、ヴァルトラウト・マイヤーが登場するとあって、高水準の上演が期待される。

 一方、読売日本交響楽団が新国立劇場のピットに初めて入るのも注目ポイント。このところ好調を続ける読響。今年はオペラに取り組む機会も多く、飯守のタクトのもと、ワーグナーならではの重厚かつドラマティックな演奏を聴かせてくれるに違いない。

 飯守は自らの芸術監督としての任期の最終シーズンの幕開けを飾る「神々の黄昏」の上演について新国立劇場のホームページの中で、以下のようなメッセージを寄せている。

http://www.nntt.jac.go.jp/opera/gotterdammerung/index.html

 「“神々の黄昏”は、これまでの“ラインの黄金”“ヴァルキューレ”“ジークフリート”で種が蒔(ま)かれて発展・成長してきたすべてを刈り取る物語であり、ひとつの世界が終焉(しゅうえん)に至るさまを描いている作品です。上演時間も正味で4時間半という未曽有の規模に到達し、巨大な四部作の結末が導き出されます。(中略)“神々の黄昏”におけるドラマの進行の激しさ、悪の力への信仰には、息を呑(の)むばかりです。4時間半にわたる音楽のほとんどすべてが、あらゆる否定的な内容を極限まで描き尽くすことに集中しています。美しく崇高なものを肯定的に表現するワーグナーの音楽は言うまでもなく見事ですが、その一方で彼の音楽は、邪悪なもの、醜いものをも芸術的に表現し、極言すれば美しいとさえ思わせるほどの力をもっています。特に、ワーグナーが造形したハーゲンという登場人物に与えられた音楽は圧倒的な説得力があり、ここまで恐ろしい人物が余裕とユーモアさえ感じさせるように描かれていることに、強い衝撃を受けずにはいられません。(中略)“火”と“水”による破壊を経て最後に救済を暗示する幕切れは、まさにこの世の過去現在未来のすべてが凝縮されています。そして巨大な四部作の最後は、“ヴァルキューレ”でジークリンデが歌いあげた“救済の動機”が再び出てきて愛による新しい世界を予感させます。私たちは、そこから何を聴き取るのでしょうか。楽劇というものが表現しうる内容はここまで幅広く深い、ということを、新国立劇場の3年がかりの“指環”を通して皆様に存分に体験していただきたい、と願っております」

 飯守芸術監督体制のクライマックスともいえる「神々の黄昏」のステージ、熱心なワグネリアンはもとより、多くのオペラ・ファンの注目が集まりそうだ。

フィンランド国立歌劇場公演「神々の黄昏」より=写真提供:新国立劇場(C)Stefan Bremer

作品について

 楽劇4部作からなる長大な「ニーベルングの指環(リング)」を締めくくる「神々の黄昏」はワーグナーの創作活動における、ひとつの到達点と位置付けることができる傑作である。序幕と3幕11シーンからなり、上演に要する正味時間は約4時間20~30分の大作ではあるが、4作の中では最も劇的な変化に富んでいることもあり、退屈する間もなく全編を楽しむことができる。

 台本の執筆開始から26年もの歳月を費やして完成された「リング」であるが、「ラインの黄金」からの前3作の台本は、当初の構想段階で「ジークフリートの死」と呼んでいた「神々の黄昏」を"補完"するために書かれたものである。当然のことながら「神々の黄昏」こそが「リング」全体の根幹をなす作品ということができる。

 音楽面では最後に作曲されたことで、ワーグナー円熟期の充実した作曲技法がふんだんに盛り込まれている。このためオーケストラの役割に大きなウエイトが置かれていることがこの作品の最大の特徴である。序曲や前奏曲というような従来型の劇音楽ではなく、重要な場面で声や言葉を入れずにオーケストラだけに演奏させ、ライトモティーフ(示導動機)を縦横に組み合わせていくことによってさまざまな事象を表現している。序幕の場面転換で演奏される「夜明け」や序幕から第1幕への連結の役目も担っている「ジークフリート ラインへの旅」、第3幕の「ジークフリートの葬送」などはその好例。オーケストラ・ピースとしてコンサートで取り上げられることも多い名曲が、この作品の中に複数存在しているのである。

 全体を通して対位法(異なる複数の旋律を同時に演奏する技法)が自在に駆使され、動機を重層的に折り重ねることによって壮大な響きの世界が構築されていく。調性は複雑にコントロールされ、場面に合わせて音楽の“色”を変化させていくその手腕は、他の作曲家の追随を許さぬものがある。音楽が言葉を超えて雄弁に語りかけ、多彩な響きの変幻が観客・聴衆を物語の世界に引き込んでいく。

 その極め付きはエンディングであろう。「ブリュンヒルデの自己犠牲」に続く4管編成の大管弦楽が織りなす一大交響詩のような壮大な幕切れは、圧巻。当初、ワーグナーは2通りのセリフ(歌詞)入りの結末を検討していたが、結局は言葉を採用せずに音楽にすべてを託したのだ。まさに楽劇の中の楽劇といわれるこの作品の結末にふさわしい終わり方といえよう。総譜(スコア)の最後に「1874年11月21日、ヴァーンフリート館にて完成。もう何も言うまい」と書き込んだことは有名なエピソードだ。

 この作品のもうひとつの特徴は「リング」4部作の中で唯一、合唱が用いられていることである。第2幕第3場、ハーゲンの呼びかけに呼応して集まったギービヒ家の家臣たちによる迫力満点の合唱は「リング」全作中でも聴きどころのひとつに数えられる。 

 初演は「リング」のツィクルス上演が初めて実現した第1回バイロイト音楽祭(祝祭)の1876年8月17日。バイロイト祝祭劇場でワーグナー自身の演出、ハンス・リヒターの指揮によって行われた。この時、「ラインの黄金」は同13日、「ヴァルキューレ(ワルキューレ)」は14日、「ジークフリート」は16日に上演されている。

登場人物

ジークフリート:ヴェルズング族のジークムントとジークリンデの息子。恐れを知らない無敵の勇者。父の形見である魔法の剣ノートゥングを鍛え直し、大蛇に変身していた巨人族のファーフナーを倒して、ニーベルングの指環と何にでも変身できる隠れ頭巾を奪取。神々の長ヴォータンの制止を振り切って、炎の燃え盛る岩山の頂に眠るブリュンヒルデを目覚めさせ、妻にした。

ブリュンヒルデ:神々の長ヴォータンと智の神エルダの間に生まれた娘。ヴァルキューレの長女。父の命令に背いたことから罰として神性を剥奪され、炎に囲まれた岩山の頂に眠らされる。ジークフリートに眠りから覚まされ妻となった。

グンター:ライン河畔の豪族ギービヒ家の当主。

ハーゲン:ニーベルング族のアルベリヒが人間の女性に産ませた息子。グンターの異父弟。この作品の"陰の主役"と位置付けられる存在。

アルベリヒ:地底に住むニーベルング族。世界を支配する魔力を秘めた指環をライン川の底に眠っていた黄金で作るも、ヴォータンとローゲの姦計(かんけい)にはまって奪われる。指環の持ち主に死をもたらす呪いをかけた。

グートルーネ:グンターの妹。ハーゲンの計略で記憶を失ったジークフリートと〝結婚〟する。

ヴァルトラウテ:ヴォータンと智の女神エルダとの間に生まれた娘。ヴァルキューレのひとりでブリュンヒルデの妹。

ラインの乙女:ヴォークリンデ、ヴェルグンデ、フロースヒルデ

ライン川に住む3姉妹。川の精のような存在で、川底の黄金を守っていた。黄金の返還をこいねがっている。

3人のノルン:運命の女神の3姉妹。序幕の冒頭に登場し、神々の世界の過去、現在、未来について語る。

作品データ

作曲:1869~74年

台本:1848年、56年、作曲家自身の手によるドイツ語のオリジナル台本

初演:1876年8月17日、バイロイト祝祭劇場

指揮:ハンス・リヒター

設定:神話の神々と英雄の時代の終わり

   ブリュンヒルデが眠っていた岩山(序幕)

   ライン河畔のギービヒ家→岩山(第1幕)

   ギービヒ家の館と庭(第2幕)

   ライン河畔の森→ギービヒ家の広間(第3幕)

公演データ

【新国立劇場 ワーグナー:「ニーベルングの指環」第3夜 楽劇「神々の黄昏」(序幕と全3幕 ドイツ語上演日本語字幕付き)】

10月1日(日)14:00/4日(水)16:00/7日(土)14:00/11日(水)14:00/14日(土)14:00/17日(火)16:00 新国立劇場オペラパレス

指揮:飯守 泰次郎

演出:ゲッツ・フリードリヒ

演出補:アンナ・ケロ

美術・衣装:ゴットフリート・ピルツ

照明:キンモ・ルスケラ

舞台監督:村田 健輔

合唱指揮:三澤 洋史

ジークフリート:ステファン・グールド

ブリュンヒルデ:ペトラ・ラング

アルベリヒ:島村 武男

グンター:アントン・ケレミチェフ

ハーゲン:アルベルト・ペーゼンドルファー

グートルーネ:安藤 赴美子

ヴァルトラウテ:ヴァルトラウト・マイヤー

ヴォークリンデ:増田 のり子

ヴェルグンデ:加納 悦子

フロスヒルデ:田村 由貴絵

第1のノルン:竹本 節子

第2のノルン:池田 香織

第3のノルン:橋爪 ゆか

合唱:新国立劇場合唱団

管弦楽:読売日本交響楽団

筆者プロフィル

 宮嶋 極(みやじま きわみ)スポーツニッポン新聞社勤務の傍ら音楽ジャーナリストとして活動。スポニチ紙面、ウェブにおける取材・執筆に加えて音楽専門誌での連載や公演プログラムへの寄稿、音楽専門チャンネルでの解説等も行っている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 新垣結衣、高校生告白の練習台に 「初めてが私でいいんですか?」と神対応
  2. 交通トラブル 「殺すぞ」と脅した男逮捕 兵庫県警
  3. 衆院選 台風接近、22日は大雨の可能性
  4. 大雪山系旭岳 遭難の4人保護 19日朝にも病院搬送
  5. 青山剛昌 画業30周年記念本でカイジ作者がコナン描く ざわ…ざわ…

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]