メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

大阪・豊中市立文化芸術センターがオケの祭典 関西フィル×デュメイなど3楽団 来年5、6月

(左から)山形交響楽団の高橋和貴、関西フィルハーモニー管弦楽団の岩谷祐之、日本センチュリー交響楽団の北口大輔=大阪府豊中市で、田中博子撮影

 1月に開館した大阪府の豊中市立文化芸術センターが来年5~6月、関西フィルハーモニー管弦楽団、日本センチュリー交響楽団、山形交響楽団による連続コンサートシリーズ「豊中オーケストラフェスタ」を開催する。

 3公演とも、指揮者が独奏も務める。トップバッターは来年5月10日の関西フィル。音楽監督で世界的バイオリニストのオーギュスタン・デュメイが、モーツァルトのバイオリン協奏曲第4番などを弾き振りする。コンサートマスターの岩谷祐之=写真中=は「デュメイの曲の解釈は予測がつかず、毎回いい意味で期待を裏切られる。今回はど…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです