メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

舞踏会で日本人音楽家、演奏と歌“異例”披露へ

「ウィーン赤十字バル」の記者会見に出席した前田朋子さん(右から3人目)と日野妙果さん(同2人目)=ウィーンで2017年10月17日午後0時36分、三木幸治撮影

 【ウィーン三木幸治】音楽の都・ウィーンで開催される10大舞踏会(バル)の一つで、来月17日に開かれる「ウィーン赤十字バル」に日本人音楽家2人が出演する。ウィーンの舞踏会で日本人が演奏と歌を披露するのは異例で、注目を集めそうだ。

 出演するのはバイオリニストの前田朋子さんとメゾソプラノ歌手の日野妙果さん。前田さんは2015年からウィーン赤十字親善大使を務めており、舞踏会冒頭でオーストリア人作曲家、ダニエル・ファイクの行進曲を演奏。日野さんは仏で活躍した…

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  2. 「Hey!Say!JUMP」伊野尾さんがコロナ感染 他メンバーは陰性

  3. 出た!大阪・梅田で人骨1500体超 別の場にもウメタ?埋葬想定より遅い江戸~明治

  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

  5. シリーズ・疫病と人間 あまりに悠長だ。政権も野党も国民も ファーストリテイリング会長兼社長・柳井正氏

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです