メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

ホワイトハンド

東京ホワイトハンドコーラスの子どもたち(c)FESJ/2017/Mariko Tagashira

 「ホワイトハンドコーラス」という“合唱”に出会った。聴覚障害を持つ子どもらが白手袋をつけ、オーケストラや合唱にあわせ、ハンドマイムで“歌”を表現する。白い手がひらひらと動けば、歌詞に読まれた「雪」が舞い、「花」が咲いて見える。

 どんな子どもも無償で参加できる南米・ベネズエラの音楽教育「エル・システマ」で22年前に始まり、日本でも今年、活動がスタートし…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

  2. 京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

  3. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

  4. 北九州市で新たに16人 8日連続の感染確認 計85人に

  5. 新型コロナ 休業要請全解除、北九州以外実施 福岡県・来月から

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです