メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラ・フォル・ジュルネ TOKYO 2018

「ラ・フォル・ジュルネ」終了 独自の音楽祭、来年誕生 「独立」決断、ノウハウ生かす 大津 /滋賀

独自の音楽祭の開催について話し合う推進委員ら=大津市のびわ湖ホールで、北出昭撮影

 びわ湖ホール(大津市)がゴールデンウイークのイベントとして定着させてきた「ラ・フォル・ジュルネびわ湖『熱狂の日』音楽祭」を今年で終え、来年から沼尻竜典芸術監督がプロデュースする「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」として開催することを決めた。山中隆館長が15日、ラ・フォル・ジュルネ推進委員会で発表。開催経費が増大する一方、独自に音楽祭を開く企画・運営力がスタッフに育ったと説明した。【北出昭】

 ラ・フォル・ジュルネは優れたクラシック音楽を低料金で気軽に楽しんでもらおうと1995年にフランス・ナント市で始まり、世界に広まった。びわ湖ホールでは2010年に始め、第8回の今年は3日間で無料公演などを含む126公演に計4万5200人が来場した。

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文668文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 三浦半島や横浜で相次ぐ異臭騒ぎ、発生源は? 深まる謎

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです