メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときにはぶらりと音楽を

メシアンのオペラ「アッシジの聖フランチェスコ」を聴いて

(C)読響 撮影=堀田力丸

遠藤靖典

 メシアンのオペラと言えば「アッシジの聖フランチェスコ」(以下「アッシジ」)である。というか、それしかない。完成は1983年であるから、現代曲と言ってよい。「アッシジ」の初演は日本が世界に誇る指揮者、小澤征爾である。その「アッシジ」がカンブルランの指揮、読響で全曲演奏された。日本での初演は86年にやはり小澤の指揮、新日フィルと言われることがあるが、その時には抜粋だったので、全曲を通して上演される今回が事実上の日本初演である。

 聖フランチェスコは鳥に説教をした逸話で有名なカトリックの聖人である。一方、ご存じのようにメシアンは…

この記事は有料記事です。

残り2464文字(全文2733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 砂川判決 多数説起案の「入江メモ」発見 自衛権の範囲踏み込まず
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです