メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

映像と音楽のいい関係~プロコフィエフを聴いて

セルゲイ・プロコフィエフ

 俗に「いい夫婦の日」に当たった11月22日、NHK交響楽団の第1872回定期公演に足を運んだ。場所は東京・港区のサントリーホール。北オセチア出身の指揮者トゥガン・ソヒエフ(40)自身が「小さなプロコフィエフ・フェスティバル」と表現したユニークなコンサートを堪能した。

 セルゲイ・プロコフィエフと言えば、20世紀ロシア(旧ソ連)を代表する作曲家。ソフトバンクのCMでも使われたバレエ音楽「ロメオとジュリエット」(組曲2番)の「モンタギュー家とキャピュレット家」(1936年)や交響的物語「ピーターと狼(おおかみ)」(同年)などが有名だが、22日夜は組曲「キージェ中尉」、スキタイ組曲「アラとロリー」、そして交響曲第7番「青春」というプログラム。恥ずかしながら筆者にとってなじみの薄い3作品だったが、それだけに新鮮に聴けた。

 とりわけ「キージェ中尉」は現在のベラルーシ・フィルムの依頼でプロコフィエフが33年に手掛けた映画音楽だ。翌34年の公開に合わせて交響組曲に仕立てた。内容は18世紀末のロシア皇帝パーヴェル1世の逸話に基づいたもので、実在しないキージェ中尉を巡って繰り広げられる風刺色の強い作品でもある。

この記事は有料記事です。

残り900文字(全文1405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです