メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

映像と音楽のいい関係~プロコフィエフを聴いて

セルゲイ・プロコフィエフ

 俗に「いい夫婦の日」に当たった11月22日、NHK交響楽団の第1872回定期公演に足を運んだ。場所は東京・港区のサントリーホール。北オセチア出身の指揮者トゥガン・ソヒエフ(40)自身が「小さなプロコフィエフ・フェスティバル」と表現したユニークなコンサートを堪能した。

 セルゲイ・プロコフィエフと言えば、20世紀ロシア(旧ソ連)を代表する作曲家。ソフトバンクのCMでも使われたバレエ音楽「ロメオとジュリエット」(組曲2番)の「モンタギュー家とキャピュレット家」(1936年)や交響的物語「ピーターと狼(おおかみ)」(同年)などが有名だが、22日夜は組曲「キージェ中尉」、スキタイ組曲「アラとロリー」、そして交響曲第7番「青春」というプログラム。恥ずかしながら筆者にとってなじみの薄い3作品だったが、それだけに新鮮に聴けた。

 とりわけ「キージェ中尉」は現在のベラルーシ・フィルムの依頼でプロコフィエフが33年に手掛けた映画音…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです