メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽徒然草

映像と音楽のいい関係~プロコフィエフを聴いて

セルゲイ・プロコフィエフ

 俗に「いい夫婦の日」に当たった11月22日、NHK交響楽団の第1872回定期公演に足を運んだ。場所は東京・港区のサントリーホール。北オセチア出身の指揮者トゥガン・ソヒエフ(40)自身が「小さなプロコフィエフ・フェスティバル」と表現したユニークなコンサートを堪能した。

 セルゲイ・プロコフィエフと言えば、20世紀ロシア(旧ソ連)を代表する作曲家。ソフトバンクのCMでも使われたバレエ音楽「ロメオとジュリエット」(組曲2番)の「モンタギュー家とキャピュレット家」(1936年)や交響的物語「ピーターと狼(おおかみ)」(同年)などが有名だが、22日夜は組曲「キージェ中尉」、スキタイ組曲「アラとロリー」、そして交響曲第7番「青春」というプログラム。恥ずかしながら筆者にとってなじみの薄い3作品だったが、それだけに新鮮に聴けた。

 とりわけ「キージェ中尉」は現在のベラルーシ・フィルムの依頼でプロコフィエフが33年に手掛けた映画音…

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1405文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです