メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽の窓から世の中を眺めて

「小さき営み」を伝える力(上)

撮影:寺司正彦 提供:新国立劇場

江川紹子

 オペラの中で、私が最も数多く見ている演目と言えば、「椿姫」だと思う。今年も、パレルモ・マッシモ劇場の来日公演と新国立劇場で二つの違った「椿姫」を鑑賞することができて幸せだった。

 前者のデジレ・ランカトーレ演ずるヴィオレッタは、2幕でジェルモン役のレオ・ヌッチが登場するや、新たなスイッチが入ったようで、表現がさらに豊かになった。他の歌手たちも同様で、舞台ががぜん生き生きし、物語が動き出した。こういう大黒柱のような歌手の存在は、本当に貴重だ。

 新国立劇場の公演は、なんといってもヴィオレッタ役のイリーナ・ルングがすてきだった。柔らかいのに張り…

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文2037文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

江川紹子

えがわ・しょうこ 神奈川新聞社会部記者を経てフリーライターに転身。その後、オウム真理教による一連の凶悪事件などの取材・報道を通じて社会派ジャーナリストとして注目を集める。新聞、週刊誌の連載やテレビの報道・情報番組のコメンテーターとして活躍。近年、クラシック音楽やオペラの取材、アーティストのインタビューなどにも取り組んでいる。Twitter:@amneris84 ‏

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです