メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ときにはぶらりと音楽を

アマオケ本番の日程とホール確保

 10月半ばから11月はアマオケ(アマチュアオーケストラ)の本番が集中しやすい時期である。プロと違い、週末しか時間を取ることができないのがアマチュアの宿命なので、いきおい土日に集中する。同じ日にいくつものアマオケの本番があることも珍しくない。

 この時期に集中するのには理由がある。8月にお盆休暇があり、この間は練習が中断する。1週間前の練習での指摘でさえ忘れがちなアマチュアのこと、お盆休暇を挟んでしまうと練習再開時に以前練習したことを忘れて元の木阿弥(もくあみ)、も珍しくない。その分復習に時間がかかるので、少なくとも10月以降が望ましい。一方、12月は既に師走、趣味も大切だが、家の片付け、仕事の区切り、新年の準備、そして何より忘年会、と、楽器に触れられる時間は激減する。1月はもちろん新年会、2月からは年度末に向けてまっしぐら、となると、オケの本番どころではない。かくして10月半ばから11月しか残らないのである。それにこの時期は芸術の秋とも言いますしね。

 年2回演奏会をするアマオケは、これに5月半ばから6月が加わる。4月は新年度で忙しく、5月に入ったらゴールデンウイークで、家族サービスもせねばならぬ。7月では、秋の演奏会と近過ぎ、かくしてこの時期に集中することになる。

この記事は有料記事です。

残り1269文字(全文1809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです