メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
東京・春・音楽祭2018

ようやく僕らが目指した音楽祭に近づいてきた~~鈴木幸一実行委員長インタビュー①

東京・春・音楽祭の鈴木幸一実行委員長(C)東京・春・音楽祭実行委員会/大倉英揮

 東京・上野の春を彩る東京・春・音楽祭。14回目の開催となる今年は3月16日~4月15日までの間、ワーグナー作品を演奏会形式で上演する「東京春祭ワーグナー・シリーズ」の「ローエングリン」(ウルフ・シルマー指揮、NHK交響楽団)、ロッシーニ没後150年記念として「スターバト・マーテル」(スペランツァ・スカップッチ指揮、東京都交響楽団)、名ピアニスト、エリーザベト・レオンスカヤによる「シューベルト・ツィクルス」など大小50以上の公演が開催される。国内最大級の総合音楽祭となった「東京春祭」だが、2011年には東日本大震災のため複数の公演が中止を余儀なくされるなど、幾多の困難を乗り越えて今日に至っている。そこで15周年の節目を前に同音楽祭の鈴木幸一実行委員長(株式会社インターネットイニシアティブ代表取締役会長)を連続インタビューし、この音楽祭の「現在・過去・未来」について語ってもらった。(取材・構成/川田 一美津)

この記事は有料記事です。

残り3434文字(全文3844文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. 渋野日向子は1打差の3位 優勝は穴井詩 NEC軽井沢72最終ラウンド

  5. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです