メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

びわ湖ホールから

5月「近江の春」 音楽から生まれる「書」 高校生がパフォーマンス /滋賀

 今年から新しく始まる「近江の春 びわ湖クラシック音楽祭」ですが、びわ湖ホールで開催する5月3日のプレ公演では、春のびわ湖ホールではおなじみとなりつつある書道とクラシック音楽がコラボレーションしたパフォーマンスをお届けします。

 グノーのオペラ「ロメオとジュリエット」のアリア名からとられた今回の音楽祭のテーマ「私は夢に生きたい」。このアリアは、ジュリエットが無邪気に青春を謳歌(おうか)したいと歌う曲です。書道パフォーマンスでもみずみずしくそして楽しい音楽を、ピアノを中心にしてお贈りする予定です。

 書道パフォーマンスの主役は県内高校の書道部員たち。彼ら・彼女たちが音楽から受けたインスピレーション…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  2. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  3. 金銭受領も認める 「闇営業」吉本興業の発表全文 宮迫さん、田村さんら謹慎11人のコメントも
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです