メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(33)普門館開催まで……カラヤン&ベルリン・フィル公演Ⅰ

1977年の来日公演でベルリン・フィルを指揮するカラヤン=11月6日、大阪フェスティバルホールで

 新芸術家協会がヘルベルト・フォン・カラヤン率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を初めて招請したのは1979年だ。73、77年にウィーン・フィルの来日公演を成功させた新芸にとっては、まさに満を持しての大イベントであった。

 ベルリン・フィルがカラヤンとともにNHKの招きで初来日したのは57年。以後66年と73年は同じくNHK。70年、77年は大阪国際フェスティバル協会の招請で来日している(70年の大阪公演は日本万国博覧会協会との共同主催)。79年の来日公演は、財団法人「日本音楽芸術振興会」と新芸の2者の主催だが、この財団は大阪国際フェスティバルに対抗するような形で「東京音楽芸術祭」を開催する目的で、西岡=新芸が中心となって77年に設立されたもので、いわば新芸と表裏の関係にあった。

 公演に向けて重要な役割を果たしたのが、カール・ベームなど新芸の招請アーティストの通訳を務め、東京音…

この記事は有料記事です。

残り2829文字(全文3225文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  2. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ
  5. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです