メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(33)普門館開催まで……カラヤン&ベルリン・フィル公演Ⅰ

1977年の来日公演でベルリン・フィルを指揮するカラヤン=11月6日、大阪フェスティバルホールで

 新芸術家協会がヘルベルト・フォン・カラヤン率いるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団を初めて招請したのは1979年だ。73、77年にウィーン・フィルの来日公演を成功させた新芸にとっては、まさに満を持しての大イベントであった。

 ベルリン・フィルがカラヤンとともにNHKの招きで初来日したのは57年。以後66年と73年は同じくNHK。70年、77年は大阪国際フェスティバル協会の招請で来日している(70年の大阪公演は日本万国博覧会協会との共同主催)。79年の来日公演は、財団法人「日本音楽芸術振興会」と新芸の2者の主催だが、この財団は大阪国際フェスティバルに対抗するような形で「東京音楽芸術祭」を開催する目的で、西岡=新芸が中心となって77年に設立されたもので、いわば新芸と表裏の関係にあった。

 公演に向けて重要な役割を果たしたのが、カール・ベームなど新芸の招請アーティストの通訳を務め、東京音…

この記事は有料記事です。

残り2829文字(全文3225文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48山口真帆、調査結果に不満「今までずっと耐えてきました」
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  4. 保護施設に侵入し猫を虐待 防犯カメラに男の映像 三重・鈴鹿
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです