メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

二期会のワーグナー《ローエングリン》 名前を呼ぶことの意味=梅津時比古

 そっと、好きな人の名前を呼んでみる。

 言葉の響きに沿い、世界がやわらかな色合いを帯び始める。感じたことのないような優しい空気に包まれる。

 言葉として長くはないのに、そして日ごろひんぱんに口にされるのに、名前は特別な意味を持つときがある。

 二期会がワーグナーの楽劇《ローエングリン》を上演した(2月21日、東京文化会館)。

 オペラの筋立てというものは、かなりの割合で、荒唐無稽(むけい)に感じる。そんなことが起こるの? あ…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです