メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

二期会のワーグナー《ローエングリン》 名前を呼ぶことの意味=梅津時比古

 そっと、好きな人の名前を呼んでみる。

 言葉の響きに沿い、世界がやわらかな色合いを帯び始める。感じたことのないような優しい空気に包まれる。

 言葉として長くはないのに、そして日ごろひんぱんに口にされるのに、名前は特別な意味を持つときがある。

 二期会がワーグナーの楽劇《ローエングリン》を上演した(2月21日、東京文化会館)。

 オペラの筋立てというものは、かなりの割合で、荒唐無稽(むけい)に感じる。そんなことが起こるの? あ…

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1183文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 人事 高崎市 /群馬
  3. 東京でもサクラ開花 昨年より4日遅く
  4. 実りの春 石岡一センバツ初出場 第3部・支える人/中 女子マネジャー3人 /茨城
  5. 質問なるほドリ オルソケラトロジーって? コンタクトを夜間装用 手術なく視力矯正=回答・林奈緒美

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです