メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ジュリアード弦楽四重奏団の来日公演。4人の作る精密なアンサンブルが観客を魅了した=大阪市北区の毎日ホールで1966年9月27日

遠藤 靖典

 先に「10月半ばから11月はアマオケの本番が集中しやすい」と書いたが、12月に入るとアマオケの本番の回数は少しずつ減っていく。いくつものオケを掛け持ちしているアマチュアにとってはひと息入れられるシーズン……であればよいのだが、そうはならない。そもそも演奏好きなアマチュアはいつもどこかで演奏したくてたまらず、予定が入っていないと我慢できない。とはいえ、オーケストラコンサートの企画がないのでは、舞台の上で演奏することはかなわぬ。手っ取り早いのは自分たちで企画することだが、オケの演奏会の企画は、指揮者やホール選びから、メンバー集め、練習会場確保等、そう簡単にできるものではない。

 そこで、手っ取り早く企画でき、メンバーも好きな相手だけで組むことができ、予算もさほど掛からない演奏…

この記事は有料記事です。

残り1481文字(全文1827文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです