メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 地図を描く前の大きな地球儀のような、白い球体が宙に浮かんでいる。球体の上半分は天空から光を浴びて、輝いている。

 長い数本のロープで地上につなぎ留められているが、ロープがなくとも球体が飛んでいってしまうとは思えない。空に上がり切らず、しかし地にも落ちない。バルーン(気球)にも見えるが、あるいは宙に浮かんでいる光の幻影だろうか。

 画家、野又穫の新作展を飾る油絵13点は、いずれもこの球体が描かれている。並んで二つ浮かんでいるもの…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 自民総裁選 進次郎氏「違う声を強みに」 石破氏支持理由
  5. 大相撲秋場所 さらばロシアの巨漢 大露羅、引退を表明

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです