メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 地図を描く前の大きな地球儀のような、白い球体が宙に浮かんでいる。球体の上半分は天空から光を浴びて、輝いている。

 長い数本のロープで地上につなぎ留められているが、ロープがなくとも球体が飛んでいってしまうとは思えない。空に上がり切らず、しかし地にも落ちない。バルーン(気球)にも見えるが、あるいは宙に浮かんでいる光の幻影だろうか。

 画家、野又穫の新作展を飾る油絵13点は、いずれもこの球体が描かれている。並んで二つ浮かんでいるもの…

この記事は有料記事です。

残り853文字(全文1067文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. コトバ解説 「デマ」と「ガセ」の違い
  4. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです