メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

没後150年にあらためて考えるロッシーニのオペラの真価

ロッシーニ

香原斗志

 ジョアキーノ・ロッシーニ(1792~1868年)が亡くなって、今年11月13日でちょうど150年になる。だから今年は日本でもロッシーニ作品の演奏が少なくない。直近だけでも、東京・春・音楽祭は▽「ロッシーニとその時代」と題したマラソン・コンサート▽「ロッシーニ没後150年記念」と題したスプリング・ガラ・コンサート▽「スタバト・マーテル」――と、ロッシーニの名が目白押しだ。4月末には藤原歌劇団が「ラ・チェネレントラ」を上演し、5月上旬にはその舞台が大阪に持ちこまれ、いま世界で活躍するメゾソプラノ、脇園彩を迎える。

この記事は有料記事です。

残り4810文字(全文5073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日高線運休区間グーグルマップから消える 関係者困惑
  2. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  3. 年金事務所長、ツイッターでヘイト発言し更迭
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 名古屋城復元 工期遅れ決定的に 有識者会議、解体方法を否定

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです