メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
イタリア・オペラの楽しみ

没後150年にあらためて考えるロッシーニのオペラの真価

ロッシーニ

香原斗志

 ジョアキーノ・ロッシーニ(1792~1868年)が亡くなって、今年11月13日でちょうど150年になる。だから今年は日本でもロッシーニ作品の演奏が少なくない。直近だけでも、東京・春・音楽祭は▽「ロッシーニとその時代」と題したマラソン・コンサート▽「ロッシーニ没後150年記念」と題したスプリング・ガラ・コンサート▽「スタバト・マーテル」――と、ロッシーニの名が目白押しだ。4月末には藤原歌劇団が「ラ・チェネレントラ」を上演し、5月上旬にはその舞台が大阪に持ちこまれ、いま世界で活躍するメゾソプラノ、脇園彩を迎える。

この記事は有料記事です。

残り4810文字(全文5073文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです