メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外森保J、無念のドローで決勝T逃す 久保弾は幻に
Interview

仲道郁代 ベートーヴェンを羅針盤に デビュー31年目、新たなシリーズに取り組む

ピアニストの仲道郁代さん=東京都港区で2018年3月15日午後5時25分、藤井太郎撮影

 新たなベートーヴェンシリーズに今春から、10年をかけて取り組む。ソナタを軸に10のテーマを掲げ、ショパンやシューマンら他者の作品とも取り合わせていく趣向。終着の2027年は楽聖の没後200年であり、仲道郁代自身にもピアニスト生活40周年に当たる。「晩年に聴覚を失ってなお、聞こえない音を聴いていたはず。私もベートーヴェンを羅針盤に、音楽の向こう側へ行きたい。その道のりを多くの方とご一緒できたら望外の喜び」と語る。

この記事は有料記事です。

残り1040文字(全文1248文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  2. 男性2人刺され死亡 逃げた男を警察が確保 名古屋
  3. 博多駅前に倒れている女性、搬送先病院で死亡確認 マンションから転落か
  4. 芸能界と反社会的勢力 根深い関係、どう断ち切る 吉本「闇営業」問題
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです