メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

来月、篠山で「魔弾の射手」公演 ホルン、中高生初参加 本番ホールで練習 /兵庫

森香織さん(右から2人目)の指導を受ける生徒たち=兵庫県篠山市北新町のたんば田園交響ホールで、丸井康充撮影

 今年5月にたんば田園交響ホール(篠山市北新町)で公演されるオペラ「魔弾の射手 ハイライトコンサート」(ウェーバー作曲)でホルンを演奏する市内5校の中学、高校生が練習に励んでいる。31日には、本番の舞台となる交響ホールでプロ指揮者の指導を受けた。

 ハイライトコンサートは2時間半のオペラの見どころを集約し、100分にまとめた舞台。解説や日本語の字幕も表示され、オペラの入門編として好評を博している。これまでに「フィガロの結婚」などが上演され、今回で5回目。初めて市内の中高生が演奏に参加する。

 「魔弾の射手」は、射撃大会での優勝が恋人との結婚の条件となった狩人が、悪魔にそそのかされて意のままに操れる「魔弾」を手に入れようとする--といった内容。ホルン演奏が重要な役目を担っており、生徒たちは2場面で登場する。

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文706文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです