メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

きのくに音楽祭、来秋開催 県立図書館で「参加型」 和歌山 /和歌山

きのくに音楽祭実行委員会の(右から)西陽子さん、澤和樹さん、宮下直子さん、高橋巧二さん=和歌山市の県立図書館で、山本芳博撮影

 県立図書館(和歌山市西高松1)のメディア・アート・ホールを主会場にした「第1回きのくに音楽祭」が、来年10月4~6日に開かれることが決まった。図書館で一部が公開されている西洋音楽などのコレクション「南葵(なんき)音楽文庫」の活用を図るとともに、県民に協力を求めて「参加型の音楽祭」を目指す。

 主催者となる実行委員会が3月発足、和歌山市交響楽団理事でトランペット奏者の高橋巧二さんが委員長に、同市出身のバイオリニストで東京芸術大学長の澤和樹さんが総監督に就いた。箏曲(そうきょく)家の西陽子さんとピアニストの宮下直子さんが、プロデューサーを…

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです