メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

花の命 燃やし尽くして=斉藤希史子

リハーサルに励む浅川紫織

 Kバレエカンパニーの浅川紫織が、今秋の「ロミオとジュリエット」を限りに引退を決めた。「クレオパトラ」などの大作に次々と主演し絶頂期にあるものの、6年前に痛めた股関節が、時限爆弾のような状態らしい。同団では異例の記者会見がこのほど開かれ、芸術監督の熊川哲也も同席。花の盛りでの幕引きを惜しんだ。

 浅川は17歳で「全条件を備えた生徒」として熊川の目に留まり、2003年、創立間もないKバレエに入団。生え抜きのプリマとして看板を負ってきた。

 「この6年は、いつ歩けなくなるか分からない状態でした。大きな責任が伴う中、自分さえ倒れるまで踊れれ…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文805文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 交番襲撃、拳銃所持の男を箕面市内で逮捕 強盗殺人未遂容疑
  2. 事件の30分後、現場近くの住宅街で複数の住民「大きな破裂音聞いた」 交番襲撃
  3. 逮捕の男、名前以外黙秘 山中の防犯カメラに似た姿 ベンチで横たわる 交番襲撃 
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです