メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美の庭

ハープ・松村衣里 流れをつかむ集中力を

ハープ奏者の松村衣里=大阪狭山市で、田中博子撮影

 京都市交響楽団ハープ奏者、松村衣里の大阪府南部にある自宅練習室の時計は、あえて現実と異なる時刻を示すよう設定されている。「オペラでは休憩なしで2時間演奏が続くこともある。本番で気が抜けないように普段から時間を気にしないよう意識している」と話す。楽器を紫外線から守るために日光を完全に遮断した部屋なので、時間の感覚はまったくなくなる。

 練習に使うのは天井に届きそうなほど大きなグランドハープ。弦は47本で、足元の7本のペダルでフラット…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文791文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 1100万年前の天体衝突の痕跡発見 生物大量絶滅の原因か 南鳥島沖深海底で

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. 独ワイツゼッカー元大統領の息子、講演中に刺殺 男を逮捕 動機不明

  5. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです