メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音のかなたへ

桜とヘルダーリン

東京・上野公園で=梅津時比古撮影

 先月末、夕暮れの上野公園を歩いた。桜の盛り。無数の人が桜並木の方へ向かって吸い込まれてゆく。私もその一人。男も女も、さまざまな国の人も、子ども、お年寄り、多くの笑顔、時には思い詰めたような顔も、皆一様に、歩いてゆく。

 桜の通りに出ると、白い花びらの連なるマスがうねり、間に霞(かすみ)がたなびく。人の頭、顔の上に次々と伸ばされた手からフラッシュが光る。花と人の渦に立ち尽くす。

 夕暮れの墨が水に流れるように一帯を浸し始める。木の下の宴(うたげ)がにぎやかになる。猥雑(わいざつ…

この記事は有料記事です。

残り832文字(全文1071文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです