メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

上野の森バレエホリディ 内なる師との対話

 黄金週間の東京文化会館を彩る「上野の森バレエホリディ」は体験講座や物販など多彩な企画で、一帯がバレエ一色に染まる催しだ。東京バレエ団を中心に昨年初めて開催されたが、今回は金森穣(じょう)の率いるカンパニーNo(ノ)ism(イズム)が、新潟から参加。小ホールで特別公演を開く。

 20世紀の巨匠と称された振付家モーリス・ベジャールは日本を愛し、東京バレエ団を「我が子」と呼んだ。一方の金森は、ベジャールがスイスに開いたバレエ学校の1期生。愛弟子同士が巨匠の没後10年を過ぎた今春、初めて膝を接することになった。

 同館小ホールの舞台は狭く舞踊には向かないが、金森にとって「上野はベジャール作品に出会った思い出の地…

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文683文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  3. 大津中2自殺 いじめとの因果関係認定 元同級生側2人に賠償命じる
  4. 猪木、ハンセン、ドリー…往年の名選手ら集結 G.馬場さん没後20年追善プロレス
  5. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです