メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

新垣隆 騒動経てチャンス巡る 映画「蝶の眠り」で音楽監督

=竹内紀臣撮影

 死を宣告された女性小説家の最後の恋を描いた映画「蝶の眠り」(チョン・ジェウン監督、角川シネマ新宿ほかで5月12日公開)は、中山美穂のひそやかな色気と、若い恋人役のキム・ジェウクが放つ熱が静かに交わる佳品だ。登場人物たちの心と体が七色の糸となり、淡くはかない世界を織りなしていく。

 この映画の音楽監督を務め、劇中曲を担当したのが新垣(にいがき)隆だ。振り返れば、「全ろうの作曲家」として活動した佐村河内守氏のゴーストライターを18年の長きにわたり務めていたことを、世の中に公表したのが2014年2月。会見場に集まった無数のカメラのフラッシュを小柄な体に一身に浴びながら、途切れ途切れの声で、「共犯者」として音楽を愛する人々を欺いていたことを告白し、謝罪した。

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1148文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです