メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新国立劇場20周年インタビュー

飯守泰次郎・芸術監督<上> 世界の一流とのオペラ上演 日本の若手に刺激

 新国立劇場が今年秋、オープンから20年を迎える。大・中・小三つの劇場からなる施設では連日、オペラ、バレエ、演劇などさまざまなジャンルの公演が開催され、活況を呈している。とりわけ、わが国初の常設オペラ劇場となったオペラパレス(大劇場)が日本のオペラ界、楽壇に果たした役割は大きい。そこで同劇場オペラ部門の飯守泰次郎・芸術監督と大野和士・次期監督に劇場の現在・過去・未来を語ってもらった。その1回目は任期最後の新制作演目、ベートーヴェンの「フィデリオ」の初日(20日)を目前に控えた飯守現監督に4年間の任期を振り返ってもらうとともに「フィデリオ」の見どころ、聴きどころについて聞いた。(宮嶋 極)

――新国立劇場が開館から20年を迎えます。この劇場が日本のオペラ界に果たした役割、成果はどのようなも…

この記事は有料記事です。

残り2235文字(全文2582文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]