メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽の窓から世の中を眺めて

「#Me Too」ではなく「Time's Up」

安倍政権の退陣を求める集会で、「#Me Too」の紙を手に財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑などに抗議する野党議員たち=国会内で2018年4月20日、川田雅浩撮影

江川紹子

 まずは、米メトロポリタン歌劇場(MET)名誉音楽監督ジェームズ・レヴァイン氏のセクハラ疑惑の続報から。

 同氏の若い男性音楽家らへのセクハラが報じられたのは、昨年12月初め。最終的には4人の被害者が実名で告発した。一方、レヴァイン氏は疑惑を全面否定。METは同氏の出演予定をキャンセルしたうえで、検事経験のある弁護士に依頼して調査を行っていた。

 そして3月12日、「レヴァイン氏がMETで在職中及びそれ以前に、性的な虐待・ハラスメント(嫌がらせ…

この記事は有料記事です。

残り5649文字(全文5875文字)

江川紹子

えがわ・しょうこ 神奈川新聞社会部記者を経てフリーライターに転身。その後、オウム真理教による一連の凶悪事件などの取材・報道を通じて社会派ジャーナリストとして注目を集める。新聞、週刊誌の連載やテレビの報道・情報番組のコメンテーターとして活躍。近年、クラシック音楽やオペラの取材、アーティストのインタビューなどにも取り組んでいる。Twitter:@amneris84 ‏

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 直前「胸騒ぎ」で井戸 命つなぐ 神戸の92歳、二つの大地震の経験生かす

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです