メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イタリア・オペラの楽しみ

ドニゼッティ「ランメルモールのルチア」は原作からどう進化したか

2007年に初来日公演を果たしたベルガモ・ドニゼッティ劇場の「ランメルモールのルチア」の一場面=東京文化会館で、林喜代種撮影

 ドニゼッティを「いいかげんな作曲家の代表」だと思っている人がいる。理由は多作だからだ。ヴェルディは79歳まで新作を書き、遺(のこ)したオペラは28作。プッチーニは65歳で亡くなる直前までオペラを書き、遺したのは10作。そのうちのひとつ「三部作」を1作ずつ数えても12作にしかならない。一方、ドニゼッティは1848年に49歳で亡くなるまでに70ものオペラを書いた。だから、オペラを機械的に粗製乱造した作曲家だと蔑視する声がある。だが、それは事実と異なる。ドニゼッティは1843年、台本作家のジャコモ・サッケーロに宛てた手紙にこう書いている。

「私のモットーを知っているか? プレスト(速筆)だ。非難されるかもしれないが、うまく作曲できた作品は…

この記事は有料記事です。

残り5292文字(全文5612文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. ORICON NEWS HKT48村重杏奈、事務所と“本契約”報告「給料2万円上がりました」 恩人・指原も喜ぶ

  3. 青酸ソーダ流出の汚染、確認されず 台風浸水で長野市調査

  4. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです