メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

スタート 大津市出身・ピアニスト椿さん /滋賀

新シリーズ「名曲コンサート」をスタートさせる椿佳美さん=大津市で、濱弘明撮影

 ショパンとシューマンの全曲演奏シリーズを2010年から8年かけて完結させた大津市出身のピアニスト、椿佳美さんが、新シリーズ「ピアノ名曲コンサート」をスタートさせる。第1弾は19日午後2時から、大津市のびわ湖ホール小ホールで開き、今後も年2回ペースで開催する。

 椿さんは東京芸大を経てワルシャワのショパン音楽院に留学し、その後はパリで演奏活動を展開した。近年は滋賀に拠点を置き、10~13年にショパンの、14~17年にシューマンの全曲演奏を行った。

 今回、冒頭に演奏するのはシューベルトのソナタ第13番(D664)。歌曲の作曲家らしく歌うようなメロディーが魅力の第1楽章が椿さんのお薦めだ。シリーズ2回目以降で、シューベルトの最後の三つのソナタ(19~21番)を1曲ずつ演奏するという。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  3. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  4. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  5. 東京・葛飾の火災死亡、身元は中江滋樹さん 投資ジャーナル元会長 警視庁特定

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです