メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

クラシック、身近に 国内外から3人 養父で26日 /兵庫

コンサートに先立ち、演奏体験ができるピアノ=兵庫県養父市のおおやホールで、松田学撮影

 30年前に開かれたドイツから来日した音楽家によるクラシックコンサートに感謝を込め、国内外で活躍する3人の音楽家による「星と森の音楽会2018」(実行委など主催)が26日、養父市立おおやホール(養父市大屋町山路)で開かれる。【松田学】

 1988年、ドイツで活躍する音楽家たちがクラシック音楽になじみのない日本国内の過疎地域など10カ所でコンサートを開催。旧大屋町もその一つで、当時住民有志がコンサートに合わせて、音楽の都・ウィーンで生まれたピアノ「ベーゼンドルファー」を募金を集めて購入し、お披露目した。

 今回30周年を迎えることから当時と同じ「星と森の音楽会」として、開催することになった。加久間景子(バイオリン)▽森本耕太朗(チェロ)▽ドイツ人のウード・シュニーベルガー(ピアノ)の--国内外で活躍する3人が、ベートーベンやシューベルトの曲を披露する。

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

  2. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 全国で新たに592人確認 3カ月ぶり500人超え 緊急事態解除後、最多

  5. 大阪の30代、高知県でコロナ感染確認 一時連絡取れず、入院手続き始める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです