メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新・コンサートを読む

オッコ・カム指揮群馬交響楽団のシベリウス 春は自転車に乗って=梅津時比古

 春になると、群響(群馬交響楽団)のコンサートに行きたくなる。このオーケストラが本拠地の群馬県で演奏会を開くとき、聴衆の雰囲気が都心のコンサートと少し違って、どこか温かい。

 何年も前の冬のさなか、群馬県高崎市の群馬音楽センターで定期演奏会を聴いたときのこと。毛糸の帽子をかぶった農作業衣のような恰好(かっこう)のおばさんが席に入ってきて「いやあ、ひどい風だ」とこぼした。ぶつくさ続ける。隣に先に座っていたやはり毛糸の帽子をかぶった亭主らしい人は、一言も発しない。

 やがて黙り込んだおばさんは「もう少し暖かくなれば自転車で来られるからいいか」と独りごちた。春のそよ…

この記事は有料記事です。

残り920文字(全文1201文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. なるほドリ 「あびき」って何? /長崎
  3. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  4. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです