メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

ピアノ・屋野晴香、華やかなウィーンの風景を 大阪

ピアノの屋野晴香=大阪市北区で、田中博子撮影

 兵庫県出身で、約10年間のウィーン留学から昨年帰国したピアノの屋野晴香が6月9日、ザ・フェニックスホール(大阪市北区)が若手演奏家にホールを無償提供するエボリューション・シリーズで、「19世紀ウィーンへの旅」と題したリサイタルを開く。

 県立西宮高校音楽科、東京芸術大を経て、ウィーン国立音楽大・大学院を修了した。多様な文化が混ざり合い、華やかでかつ新しい潮流が生まれた19世紀から20世紀初頭のウィーンにまつわる作品を披露する。

 ベートーベンのピアノソナタ第30番は、旋律に歌うような美しさがあり、「音楽好きで、鼻歌を歌ったり踊…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです