メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アンコール

新国立劇場 ベートーヴェン 歌劇「フィデリオ」新制作上演

撮影:寺司正彦 提供:新国立劇場

 新国立劇場の飯守泰次郎・オペラ芸術監督の任期中最後の新制作プロダクションとなるベートーヴェンの歌劇「フィデリオ」が20日、初日の幕を開けた。演出をバイロイト音楽祭総監督であるカタリーナ・ワーグナーが担当するとあって、初日の会場にはメディア関係者を含む海外からの観客・聴衆が約100人も集まるなど、まさに世界的な注目を集めるステージとなった。同劇場がオープンしてから20年、筆者は継続的にウオッチしてきたが、客席にこれほどの数の外国人が集ったのを見たことはない。海外に向けての発信力に富んだプロダクション、まさに劇場20周年記念にふさわしい公演となった。

 演出のカタリーナは大作曲家リヒャルト・ワーグナーのひ孫で、演出家としては斬新でメッセージ性の強いス…

この記事は有料記事です。

残り2679文字(全文3006文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  2. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり 強固な犯意「常軌逸している」 懲役18年判決
  5. 東名あおり事故 遺族「なぜあの場所に停車させたか」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです